×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Homeリニューアルのポイント2

Webサイトの設計

目的を明確にする

ホームページをリニューアルする目的は何ですか?

目的がハッキリしていないと、見た目だけで漠然と情報が載っているだけのリニューアルに
止まってしまい、 十分な効果が期待できません。

リニューアルする目的の例としては、、、
 ・ 商品やサービスを販売、紹介したい
 ・ アクセス、問い合わせを増やしたい
 ・ 会社や店舗をアピールしたい
 ・ 集客をしたい

などが挙げられると思いますが、多くの目的を一つのホームページに詰め込みすぎるより
優先順位をつけて重要なものを一つ、二つに厳選した方が結果に繋がりやすくなります。

ターゲットを定める

次に、ホームページは誰のために公開していくべきか、を考えます。
ターゲットを念頭に置くことで、ホームページの設計やデザインを決める一つの指標になります。

性別 ・・・男性・女性
年齢層 ・・・10代、20代、30代、40代、50代〜
地域 ・・・全国・地区広域・地域限定
人物像 ・・・趣味、収入層、会社での部署など

ターゲットを絞りこむには、どんなクライアント様が多いか、どんな潜在顧客に見てもらいたいかを
イメージしていただければ、具体的になっていくのではないでしょうか。

細かいサイトの設計へ

以上の点が鮮明になったところで、細部をより煮詰めていきます。

・デザイン、内容、構成の見直し
(メニュー、バナー、イメージの配置)
・目的ページへの導線設計
(購入ページ・お問い合わせ・資料請求ページなど)
・売りとなる部分は何か、
他社との違いをどう打ち出してゆくか

上記の目的やターゲットに沿った方向性を保てているか、
随時確認しながら進行していくことが必要です。

特にデザインは第一印象と密接な関係にあり、安心感や信頼感UPにも繋がる重要な要素です。
商品やサービス内容を魅力的に紹介するための足がかりにもなります。
また、優れたデザインは求めている情報に迷わずたどり着けます。
ビジュアル面だけではなく、ユーザーにとって使いやすく、適切な導線から有益な情報をスムーズに提供できるよう考慮されたデザインを追求しましょう。

ページトップへ

Advertising

Copyright (C) ホームページ@リニューアル All Rights Reserved.